花咲蟹を使った料理について

お肉ならナンチク

花咲蟹を使った料理は色々ありますが、おすすめなのは茹でることです。

花咲蟹が食べたいと思った時は、茹でるだけでOKです。茹でると赤い殻の色が赤くなり、何とも食欲をそそる色になります。

後は半分に割ってたっぷり詰まった身を食べるだけです。寒くなってきた時は、花咲蟹を使った料理として、カニ鍋がおすすめです。

半解凍くらいの状態で胴体から脚を切り離していきます。甲羅は、おしりのほうから開き、爪や脚の部位はトゲの少ない面をハサミで切ります。

甲羅に蟹味噌と蟹肉や内子外子をからめると美味しく、甲羅に蟹味噌だけを残して日本酒と合わせても最高です。

鍋にする時は、鍋に昆布だし、醤油、酒を入れ、煮立ったら、まず蟹と長ねぎ以外の具材を入れ、白菜がしんなりしてきたら、残りの具材を入れます。

花咲蟹を使った料理としては、カニチャーハンもおすすめです。まず、カニの身をほぐしておき、油をひいた中華鍋で炒め、風味を油に移したら鍋からカニの身をあげます。

その後、ネギや卵と一緒に温めた白米と炒め、好みで鶏がらスープの素や塩コショウで味付けします。

そして味がまわったら、カニの身を鍋に戻して鍋を軽くふって混ぜ合わせれば出来上がります。